伝統の技術に、更なる磨きを

 

地元広島の酒造好適米の特徴を最大限に引き出しながら、キレのある味わいに仕上げる「一代 弥山」シリーズならではの特徴と培ってきた技術。
その伝統に、更なる磨きをかけるため、新しい造りに挑戦しました。

香りふくらむ濃厚な味わいの「こいおまち」と香り高く淡麗な味わいの「八反錦」。それぞれの魅力を広島もみじ酵母でしっかりと引き出しています。

香りと味わいの中にふっと甘みを感じられる、新たな味わいを求め、発酵温度や原料米の状態を細かく分析しながら、理想のお酒に仕上げました。

新酒はその年のお酒の出来を占う意味があるとされています。2022年の新酒となる本商品は、これまでの伝統の技術と新たな造りで挑みました。

これからも挑戦をつづけていくことで、飲む人に笑顔を咲かせるよう、酒造りの技術を磨き、日本酒の伝統を次世代に繋げていきます。